歯を失ってしまった インプラント、入れ歯

たけだなおや歯科クリニックの補綴(ほてつ)治療

歯を失ったまま放置していると、隣の歯が倒れこんだり咬み合う歯が伸びてきたりと、さまざまなトラブルを引き起こします。そのため、歯の機能を回復させる補綴(ほてつ)治療が必要となります。

当クリニックでは、インプラント、入れ歯、ブリッジ、歯牙移植のいずれの補綴(ほてつ)治療に対応しています。それぞれに特徴、メリット・デメリットがあり、患者さんのお口の状況によって最適な治療法は異なります。患者さんに合った治療をお選びいただくために事前にしっかりその内容をご説明いたしますので、わからないことや気になることがありましたら、お気軽におたずねください。

失くした歯の機能を取り戻す治療

インプラント

顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミックなどを使った人工歯を取りつける方法です。チタンは顎の骨としっかり結合するため、硬いものでもしっかりと噛めます。また、人工歯にはセラミックが使われ、治療したことがわからないほど自然で美しい仕上がりになります。外科的手術が必要であり、自費診療となりますが、多くの方が注目している治療法です。

入れ歯

高齢の方など身体への負担を抑えたい方でも、どなたにでも適用できるもっとも一般的な治療法です。天然歯が残っている場合は部分入れ歯、1本も残っていなければ総入れ歯となります。他の治療と比較すると、「保険適用のために比較的安価に作製できる」「治療期間が短い」ことが魅力です。噛む力は100%よみがえりませんが、自費診療でつくれば快適に噛める入れ歯を手に入れることも可能です。

【当クリニックの取り扱い入れ歯】

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯のデメリットであった金属バネのない入れ歯です。素材にポリアミド系合成繊維樹脂を使用しているので、軽く薄く、さらに弾力と吸着性が高いのが特徴。支えとする歯列に負荷がかからないため、硬いものでもしっかり噛めます。また、透明感があり、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目になります。

マグネットデンチャー

神経を取った歯の根っこに磁石を埋め込み、磁力によって固定する入れ歯です。取り外しが簡単に行える一方、しっかりと固定できるため噛む力の回復も期待できます。他の入れ歯と比較して、歯への負担が少ないのがメリットです。

シリコンデンチャー

お口の粘膜に当たる「床」の部分に生体用シリコンを使った、お口にやさしい入れ歯です。吸着・密閉性が高いので、入れ歯とお口の間にものが挟まって痛いといったことが軽減しています。また、しっかりお口にフィットすることで、硬いものもしっかり噛めます。

金属床義歯

「床」に金属を使用した入れ歯です。保険適用の入れ歯と比較しても大変薄く・軽くつくることができます。また、熱伝導率も高いため、食べものの温度が感じやすいのも大きなメリット。さらに耐久性も高く長持ちし、衛生面でも清潔を維持しやすいです。
ブリッジ

失った歯の両隣の歯を支えとし、橋を架けるように連なった人工歯を装着する治療法です。支えとなる歯を大きく削る必要があり、大きな負担となってしまうのがデメリットですが、しっかり噛めます。比較的自然な仕上がりになりますが、人工歯には保険が適用できるものと自費でできるものがあり、それにより見た目が若干左右します。

歯牙移植

他の治療法が人工物を装着するのに対し、不要になったご自身の健康な歯を、歯を失った部分に移植する方法です。ほとんどの場合、親知らずを利用しますが、他の歯でも移植可能です。ご自身の歯を使用するため適応も良く、拒絶反応などが起こらないことがメリットです。

ページの先頭へ戻る