歯が痛い・しみる 一般歯科

たけだなおや歯科クリニックの虫歯治療

虫歯は自然治癒せず、ごく初期の虫歯以外は削ったり神経を取ったりする治療が必要になってきます。しかしこれらの治療は、歯の寿命を縮めることにつながり、身体へのダメージとなってしまうことがあります。

当クリニックでは、患者さんの身体へのダメージを抑えるために、できるだけ削らない(削る量の少ない)、できるだけ神経を取らない治療を心がけています。ご自分の歯を末永く使うためにも、お口に異変を感じたらできるだけ早くご来院ください。

虫歯の原因とメカニズム

虫歯は、お口の中の歯垢に棲む虫歯菌による感染症です。虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を栄養源として「酸」を出し、この酸によって歯の表面のエナメル質から溶けていきます。通常、歯は唾液に含まれるミネラル分によって常に再石灰化(修復)されていますが、このバランスが崩れたときに、虫歯が発症・進行していくのです。

虫歯菌は食後30分くらいから活発化し始めます。そのため、虫歯にならないためには、原因菌がひそむ歯垢をためないようにすること、お口の中に糖分を残さないことが重要になります。ご自身の虫歯リスクを考え、食後や就寝前は丁寧なブラッシングで歯垢や食べカスをしっかり落としましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。
なるべく削る量を減らすために~う蝕検知液を使った治療~

通常の虫歯治療では、虫歯に汚染された柔らかい部分を医師の経験と勘を頼りに削っていきます。これでは、汚染部以外にも健康な歯質を削ってしまうリスクをぬぐいきれません。

う蝕検知液は、虫歯になっている部分のみを染め出す薬液です。当クリニックではう蝕検知液を使用することで、歯を削る量をできるだけ少なく、かつ、削り残しのない確実な治療を行っています。

レーザーを使った根管治療

痛みがある場合、歯の内部の歯髄(神経や血管)まで汚染されています。これら歯髄を取り除き、歯の根を残す治療が根管治療。根管治療は抜歯を避け、ご自身の歯を残すための大切な治療です。

虫歯に汚染された歯質や組織を除去したのち、内部を消毒・殺菌します。このとき、当クリニックではレーザーを使用することで、複雑な形状の根管内部をしっかりと消毒・殺菌します。

虫歯を放置するリスク

虫歯を放置すると、最悪のケースでは抜歯が必要になってしまいます。歯を失ってしまうと歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療が必要となり、治療費も治療時間も大幅にふくらみます。さらにこれらの治療を行わないまま放置してしまうと、歯列がガタガタ・ボロボロになり、より悲惨な状況を招いてしまうことも。

虫歯かな?と感じたら早めに治療を受けましょう。早期治療であればあるほど、身体的、経済的ダメージを小さく抑えられます。

その他のお口のお悩みもご相談ください

いびき治療

大きないびきや日中の眠気は、睡眠時無呼吸症候群(※)の代表的な症状のひとつです。当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の治療の一貫にもなる、スリープスプリントを使ったいびき治療を行っております。
※睡眠時無呼吸症候群とは、上気道(空気の通り道)が閉塞することにより睡眠中に10秒以上の呼吸が停止する、無呼吸が5回以上繰り返される病気です。

スリープスプリントとは?

スリープスプリントは就寝時に装着するマウスピースです。いびきの原因である「舌が下がって気道を塞いでいる状態」を緩和します。気道がきちんと確保されることでいびきをかきにくくなるだけでなく、ぐっすり眠れるようになるため「日中の集中力が低下する」といったことも少なくなります。
内科や耳鼻科の医師による診断書があれば保険診療。診断書が無ければ保険診療対象外になります。

口腔外科(親知らずの抜歯、骨の隆起等)

お口周りを総合的に診断し、治療を行う診療メニューが「口腔外科」です。当クリニックの口腔外科では、大学病院から専門医を招き治療にあたります。お口周りのトラブルなどがありましたら、まずは当クリニックへご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずは生えてきてもトラブルが多く、抜歯されることが多い歯。当クリニックでは、適切な診断により、親知らずの抜歯が必要かどうかを判断します。また、埋伏歯(歯ぐきに埋まった歯)や横向きに倒れている親知らずなど、難しい症例にも対応しています。

骨隆起除去

骨隆起は、外側に向かって骨が成長してしまっている状態で、上顎の天井部や下顎の内側などに見られます。病気ではないのですが、発音障害や入れ歯装着の際に邪魔になることがあるので、増殖した骨を切除します。

ページの先頭へ戻る